ニキビ・ニキビ跡には、ディフェリンゲル治療が効果的

ニキビ・ニキビ跡には、ディフェリンゲル治療が効果的

2008年に認可が下り、保険適用となったのがニキビ治療薬の「ディフェリンゲル」です。

特に、赤ニキビに効果がありますが、他の白ニキビ、黒ニキビにも効果があり、

皮膚科で多く処方されています。

そのディフェリンゲルについて調べましたので、お読みください。

ディフェリンゲルの作用とは


ディフェリンゲルは、目には見えない小さな毛穴の詰まりや、ニキビの出来始めに作用し、

ニキビの進行を防ぐ作用があります。

炎症の強い赤ニキビでも、早くにディフェリンゲルで治療をおこなえば進行を

防ぐことが出来ます。

ニキビは、「微小面皰」と呼ばれる微細な毛穴の詰まりから始まります。

微小面皰とは、この状態は、目で見ても分かりませんが、毛穴が閉じてしまった状態を

言い、この状態での痛みや痒みはありません。

ディフェリンゲルは、面皰に作用する薬で、使う時期が早ければ早いほど効果が

ありますので、早期の治療が大切になります。

使い方は、1日1回、就寝前の洗顔後に、適量を患部に塗布します。

塗った後はすみやかに手を洗いましょう。

ディフェリンゲルは、ニキビ跡には効果があるのか?


ディフェリンゲルはニキビ治療薬ですが、ニキビ跡にも効果があるといわれています。

有効成分である「アダパレン」は、ビタミンA誘導体と同じような性質をもつためお肌の

ターンオーバーをうながし、肌を柔らかくする作用があり、ニキビ跡を薄くすることも

多少できると考えられます。

しかし、あくまで進行中のニキビの改善、もしくはこれからできるニキビを予防するための

薬ですので、ニキビ跡が残る前に使用するのが基本です。

ニキビ跡をきちんと消したい場合は、皮膚科で専門の治療について相談してみましょう。